レジスター専用機

レジスター専用機の代表的なメーカーといえば、シャープカシオ東芝テックです。ITの発展とともに、メーカー製のレジスターの性能も向上し低価格化が進んでいます。
省スペースモデル、ハンドスキャナー対応、パソコンとの連携やインターネットに接続できるもの、電子決済など、簡易的なものから多機能なものまで様々な種類があります。。飲食店や物販店など特定の業種向けのモデルがあります。
どういったものがあるのか、少し調べてみました。

SHARPのレジスターは、パソコンとの連携が可能です。商品登録や売上データの管理などがパソコン上で可能です。

「Yahoo!ショッピング」で「シャープ レジスター」を検索する
「楽天市場」で「シャープ レジスター」を検索する

CASIOのレジスターは、ブロード回線を利用した店舗支援と電子決済サービスに対応しているネットレジが強力です。
携帯電話やパソコンで売上管理したり、帳簿の自動作成できるなど、「オーナーいないいない現象」や「無駄手間ないない現象」が起こるそうです。

「Yahoo!ショッピング」で「カシオ レジスター」を検索する
「楽天市場」で「カシオ レジスター」を検索する

東芝TECは、POSシステムに関しては1位のシェアです。ネットショップとの連携や、多店舗経営など様々な業務形態に対応しています。母の店のレジスターもTECでした。

「Yahoo!ショッピング」で「テック レジスター」を検索する
「楽天市場」で「テック レジスター」を検索する




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。