パソコンがPOSレジスターになる

パソコンPOSレジスター


このサイトは、2009年11月に小中規模小売店向けPOSシステム用ソフトウェア「商品スタッフU」を使用し、パソコンでポスレジスターを格安(周辺機器の購入費用のみ)で構築・導入した記録です。

実際の動作はどんな感じなのか?基本的なレジ操作の動画をご覧ください。
(商品バーコード読み込み→お預かり金額入力→お釣りの確認→ドロワが開き、レシート出力)


本サイトのメニューです。

PCは自前なので、かかった費用は周辺機器代のみです。
  • レシートプリンタ(中古)   22000円
  • バーコードスキャナ       7500円
  • カスタマディスプレイ(中古) 12000円
  • キャッシュドロワ       18500円
  • シリアル・USB変換ケーブル   2000円
  • 電源延長ケーブル        3000円
  • 感熱ロール紙12ロール     2500円
  • LANケーブル          500円
  • Windowsパソコン        自前
  • POSレジシステム用ソフト    無料

合計で68000円です。

中古で購入した機器もありますが、主な機器はすべてEPSON製の現行モデルです。すべて新品で揃えるとすると、+6万円くらいでしょうか。
メーカー製のPOSレジスター専用機が数十万、設定費用を含めると数百万する場合があることを考えると、激安価格なのではないでしょうか。

性能面もまったく問題ありません。豊富な機能、処理速度、使い勝手のよさは、専門機と比べても遜色のないできだと思います。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。