年1の棚卸

  1. 「商品抽出」ボタンで、基本商品分類の商品すべてを、JANコードと仕入(別)を含めた表として、EXCELのファイル形式でエクスポートします。
  2. そのデータを、棚卸用EXCELファイルの商品情報ページにコピーし、いつもの手順で棚卸を行います。

母のお店では2年前から、ハンディターミナルとEXCELを使って棚卸作業を行っています。
それまでは、使用しているTECのPOSレジシステムを通して行っていたのですが、データのエクスポートや帳簿の印刷がお店単体ではできなくて、TECのサポートスタッフの手を借りる必要がありました。

ハンディターミナルは、オプトエレクトロニクス社OPL-972xシリーズのOPL-9728を使用しています。

ハンディ端末で商品のJANコードと在庫数を読み取り、EXCELの棚卸用の表に転送すると、JANコードに対応する商品価格を商品情報シートから読み込み、棚卸表で数量×価格が計算されます。

商品スタッフUでは、商品情報の任意の列をエクセルファイル形式でエクスポートできるので、連携することが可能です。
Microsoft Office Home and Business 2010

Microsoft Office Home and Business 2010

  • メーカー: マイクロソフト
  • メディア: DVD-ROM



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。