月1の集計

  1. 月末の日常業務終了後、「予定集計」ボタンで業務を締め切ります。
  2. 「分類別集計」ボタンで商品分類別集計を表示し、基本商品分類の月範囲の集計表をA4の紙に印刷します。

POSシステムでは、各商品の売り上げ動向を確認することができます。
人は自分がオススメしたい商品の動向についてはいつも気にしていますが、それ以外の商品については意外と把握していないものです。
商品スタッフUではこれらのデータをグラフやランキングという見えやすい形で表示することができ、客観的な状況分析に役立てることが可能です。また、期間別の集計も可能なので時期による売れ行きの変化を見ることもできます。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。