必要な周辺機器

商品スタッフUを使うことを決めたので、周辺機器を購入することにしました。WinowsPC本体は自前、POSレジ用ソフトはフリーウェアなので、POSレジスター製作のための費用がいくらになるかは、どの周辺機器を買うかによります。

パソコンをPOSレジスター化するのに必要な機器のリストです。
(価格はクリプトメディアのHPに記載のものです)
  • バーコードスキャナ  商品のJANコードを読み込む(1万円)
  • レシートプリンタ   レシートを印刷します(6〜7万円)
  • 感熱ロール紙     レシート用のプリント用紙
  • カスタマディスプレイ 値段や合計金額を表示します(1.5〜3万円)
  • キャッシュドロワ   お金を入れておく引き出し箱(1〜2万円)
  • シリアル・USB変換ケーブル POS機器はシリアル接続が多い(4千円)


これら一式を揃えれば、商品スタッフUによって、メーカーのレジ専用機に勝るとも劣らないようなPOSレジスターの出来上がりです。

POSレジシステムでこれだけは必要というのは、バーコードスキャナ(バーコードリーダー)でしょう。
レジスター画面での試用テストの際は、レシートプリンタとカスタマーディスプレイの印刷・表示例が画面に表示されますので、必要に応じて購入計画をたてればいいと思います。

レシートプリンタは高価ですが、流通量が多く、オークションなどで中古品が1万円程度から常に出品されています。また、これらの機器は一般の家電量販店等では販売しておらず、インターネット通販で購入する必要があります。

私がPOSレジスターを構築するに当たっては「中古品でできるだけ安く、でもある程度の質も大事」がモットーでした。
中古だからといって変色しているようなものは気になります。お金を扱うものなので誰かが手放した中古ではなく新品がいいという人もいると思います。母にそのことを聞いてみると、「全然気にしない、むしろラッキー」とのことでした。

中古品のデメリットとしては、保障が受けられないというのもありますが、新品1台分の値段で中古品2台買ったほうがいいと判断しました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。