パソコンでPOS

お店でPOSレジスターを使う方法は2つあります。
メーカー製のPOSレジ専用機を使用するか、パソコンにPOSレジ用のソフトをインストールして使用するかです。

TEC,SHARP,CASIOなどのメーカー製のレジ専用機は、機能がレジに特化しているとあって使いやすく、運用実績も多くあり、保守サポートも充実していると思います。ただし、非常に高価です。

レジ専用機と比較して、パソコンをPOSレジスターとして使うメリットとしては次のようなことが考えられます。
  • 安価にPOSレジシステムを導入できる
  • 拡張性が高い。PC用のソフトやハードを利用できる。EXCELとの連携やUSBメモリへのデータバックアップ、手持ちのプリンタの印刷などができます
  • 同時に他のアプリケーションも使える。POSレジソフトは、あくまでアプリケーションのひとつなので、例えばMediaPlayerで音楽を流したり、USBカメラを接続して店内を録画することが、ひとつの画面上で行えます。
  • レジ用の周辺機器を自由に選べる。故障した際も故障した機器のみを変更でき、その選択肢も複数ある
  • ノートPCで利用することで持ち運びが楽にでき、屋外のイベントなどでも使える
  • 専用機用の独自仕様にしばられない
  • バックアップデータがあれば他PCでも同じ環境を作れる

PCでのPOS使用は、価格面が大きな魅力でしょう。

また、トラブル時のリカバリー方法についても特筆すべきポイントだと思います。お店にとっては、レジが正常に動作しなくなるのはかなり困ります。
あまりうまい例が思い浮かばなかったのですが、HDDプレイヤー(レジ専用機)と、PCにインストールされているテレビ放送が録画できるソフトウェア(POSソフト)にたとえてみます。

HDDプレイヤーが再生できないなどの故障の場合は、一般の人には修復することが難しいのでメーカーサポートに送って修理・部品交換をする必要があります。メーカーに送っている間はHDDプレイヤーは使用できません。復旧までの間に代替品が用意されることもありますが、故障したプレイヤーに録画していた番組は見ることができません。

PCの録画ソフトが故障した場合はどうでしょうか?故障の原因を調べることはもちろん難しいのですが、メーカーサポートに頼らず復旧させる手段が2つあります。
ひとつは、そのソフトを一度削除して再インストールをためしてみることです。ソフトが削除されても、以前録画していた番組データは消す必要はなく同じように見れます。
もうひとつは、別のPCにそのソフトをインストールして、USBメモリなどに保存した録画番組データを新しい環境に移動するという方法です。
どちらの方法でも、HDDプレイヤーの場合に比べると復旧までの時間はかなり短く、コスト面でも再インストールする場合はもちろんですが、別PCに移行する場合も、最近のPCの低価格化を考えると、低コストだと思います。

また、たとえば、録画・再生は正常に動作するのですが、本体にある時間や状態などが表示窓に表示されない場合はどうでしょうか。
HDDプレイヤーの場合は、部品交換となり、メーカーサポートに送る必要があります。
PCの録画ソフトで言えばモニターの一部分が表示されないということでしょうか。モニターの故障が考えられるので、自分で新しいモニターを購入して交換することができます。安価なものや画面が大きいなど性能のいいものも選べます。

どちらかというと、パソコンPOSレジシステムのメリットばかり挙げましたが、どちらにするかは実際の業務でやりたいことが実現できるかが最も大切だと思います。機能やサポートに関しては(価格にもよるのですが)どちらも充実しているようです。
パソコンに苦手意識があって、わかりやすさが最優先ならば専用機がいいと思いますし、コストやトラブル時の復旧を優先したいならパソコンPOSシステムがいいのではないかと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。